自律矯正歩行

自律矯正歩行(スローモーションウォーキング)とは?

 

ウォーキング 1

あなたは普段、なにげなく・・・

「歩く」という行為を行っていませんか?

 登校や出勤などの、長い距離の「歩く」

 散歩や買い物などの短い距離の「歩く」

 さらには、家の中での移動や、自家用車やバス、電車への交通機関に移動するための、

非常に短い「歩く」もあることかと思います。

その一瞬一瞬に、意識して「私は正しく歩けている」と思ったことはありますか?

 

それは、モデルさんのように、人にキレイに見せるための歩き方ではありません。

 それは、映画やドラマの登場人物のように、見栄えよくするための歩き方でもありません。

『自分の身体に最適な歩き方をしているだろうか』・・・

というお話です。

ここでご紹介するスローモーションウォーキング・自律矯正歩行は、

一日最低10分、「正しく」歩く。

という考え方を提唱するものです。

ここで、みなさんに質問ですが、

・歩けば疲れるのは当たり前。

・歩くことで、身体に負担がかかるのは仕方のないこと。

・歳を取れば、次第に歩けなくなるのは人間として当然。

・・・という考え方はないでしょうか?

 

本当に、そうなのでしょうか・・・?

もしかして、その考えや意識の根底には・・・

「正しく」歩くという考え方がないのでは?

 

 

骨格

あなたは、「正しく」歩けていますか?

ここでご紹介する

【スローモーションウォーキング・自律矯正歩行】

とは

「正しく歩くことで、身体は良い方向へ改善していく」

という考え方の元、実践・開発してきた歩行法になります。

 その開発の経緯には、

生活習慣などの「生活のために、しかたなく背負わざる得ないこと」があることを前提に考え、

それらで身体に負担を負った上で、

非常に簡単短時間のウォーキングで、

身体にリセットをかけてあげることを考えた歩行法になります。

もっと簡単に言うなら

・「姿勢が悪いと言われる・・・」

→正しく歩いてリセット!

・「生活習慣が原因だって・・・」

→正しく歩いてリセット!

・「仕事の疲れや負担が・・・」

→正しく歩いてリセット!

つまり、

一日の終わりに正しく歩けば身体は健康になれる!!

という、非常にポジティブで、毎日気楽に実施できる歩行法になります。

 

そして、「スローモーション」と名付けているように、その動作は非常にゆっくりとしたものです

老化・疲弊した身体に対して、ほとんど負担を掛けずに実施できる歩行法となっています。

つまり、 

若いお子様から、歩行がおぼつかなくなってきたご高齢の方まで、

非常に安全、かつ簡単にできるウォーキングです!

おばさん

方法はとっても簡単!

「まっすぐ」「ゆっくり」歩くだけ!!

 

 スローモーションウォーキングの基本とも言える歩き方。

 それこそ「まっすぐ」「ゆっくり」の二つになります。

 

しかし、きっとスローモーションウォーキングを初めてされる方の多くは、

たったそれだけのことができなくなっている自分に驚かれると思います。

それだけ自分が、

バランスを取る・体を正しい姿勢に整える力を失っていることに驚かれるでしょう。

 

ですが!その力は必ず取り戻せます。

 年齢や体型、過去のスポーツ経験も関係ありません。

 

 

↑↑↑「理論編 動画」こちらをクリックしてください。

↑↑↑「実践編 動画」こちらをクリックしてください。